医療用の着圧ソックス

着圧ソックスの医療用と市販の違い【静脈瘤なら医師の処方が安全】

更新日:

着圧ソックスの医療用の違いを説明する医者
着圧ソックスの医療用と市販の違いとは?

医療用と市販の着圧ソックスでは値段がかなり違うので、まずは市販のものを試す方が金銭的におすすめです。


医療用の弾性ソックスvs市販の着圧ソックス

医療用の弾性ソックスと、市販の着圧ソックスの違いをここでまとめました。医療機関では、医療目的の着圧ソックスは『弾性ソックス』と呼ばれています

機能は着圧ソックスと同じですが、圧力の強さや値段は大きく違います。

医療用・市販の着圧ソックスでは製法に違いがある!

ふたつの着圧ソックスの違いのひとつに挙げられているのが、製法の違い。医療用の着圧ソックスは、専門の医療機関によって監修や製造がされているため、足の健康に着目して開発がされています。

一方、市販の着圧ソックスでは、ダイエットに特化した製法をしていたり、ファッションにもあわせて活用できる種類が豊富にラインナップされています。

医療用vs市販の着圧ソックス【値段】

市販は、ドンキホーテ・ダイソーの着圧ソックスは100円から販売されている商品もあり、価格はどれもリースナブルです。

医療用の着圧ソックスは2万円程度の商品も珍しくはなく、ふたつの着圧ソックスの値段を比べてみると大きな差があります。相場はこちらの表を参考にしてみてください。

医療用 市販
15,000円~20,000円 3,000円~5,000円

医療用弾性ソックスのメリット・デメリット

医療用着圧ソックスを解説するドクターの画像
ここからは、医療用弾性ソックスの気になるメリット・デメリットについてご紹介していきます。

医療用弾性ソックスは効果が出やすい

市販の着圧ソックスに比べると、医療用のソックスは足にかかる圧力が高くなるよう製法されているため、浮腫みに効果が出やすいです。

「医療用」なので効果がないと困ってしまいますよね。。

静脈瘤の予防・治療に使用されていることから、医療用の弾性ソックスを履くことで足の健康も期待できます。静脈瘤ができやすい40代以降の女性には嬉しいですね。

静脈瘤とは

「下肢静脈瘤」が正式な名称です。実は身近な病気で、出産経験のある女性の2人に1人は静脈瘤になると言われています。

かなり高い確率ですが、急に悪化するなど命にかかわる危険性は少ないです。静脈瘤ができて自己判断でサプリを飲むのは考え物です。

サプリメントの摂りすぎについて日本医師会でも注意喚起がされています。

「健康食品」には、成分を濃縮していたり、医薬品の成分を含んでいるものも、多くあります。効果を期待して摂り過ぎたりすると、危険性も増します。また、服用している医薬品との相互作用で、思わぬ健康被害が発生することもありえます。
「健康食品」・サプリメントについて

静脈瘤の治療は医師に相談して、弾性ソックスを処方してもらう方が安心です。

高い品質性で安心・安全!

医療用の着圧ソックスは、価格の高さに比例して品質の良さもGOOD!医療用の着圧ソックスでは「べノサン」に注目が集まっている中、この商品も洗濯によって伸びたりしてしまう劣化の心配がありません。

医療用着圧ソックスのデメリットは価格が高いこと

品質や安全性、機能性はパーフェクトな医療用の着圧ソックス。デメリットは価格が高額であり、気楽に購入できないことも挙げられています。

医療用着圧ソックスは履きにくいことも

一般的な着圧ソックスよりも足に強い圧力がかかるため、医療用の着圧ソックスは履きにくいという声もチラホラと寄せられています。正しい履き方をマスターしていないと、足にかかる圧力が負担になってしまうデメリットもあります。

市販の着圧ソックスのメリット・デメリット

市販の着圧ソックスの画像
続いては、市販の着圧ソックスのメリットとデメリットをご紹介していきます。

簡単に安く買える

ネットやドラッグストアなど、みんなが利用している場所で安く購入できる市販の着圧ソックス。手軽さが大きなメリットとなり、着圧ソックスをお試し的に活用したい方にもピッタリの商品となっています。

市販の着圧ソックスは種類が豊富!

市販の着圧ソックスでは、「エクスレッグスリマー」「メディキュット」が代表。昼間用・おやすみ用・お出かけ用など、シチュエーションにあわせた種類が豊富に販売されているため、目的にあわせた商品をラクラクに見つけることができます。

市販の着圧ソックスは洗濯に弱いデメリットも

市販の着圧ソックスは、洗濯をするたびに伸びてしまうものも多く、適切な圧力が実感できなくなってしまうデメリットがあります。

伸びてしまうと買い替えないといけませんよね。だいたい2ヶ月程度で買い替えが必要となります。

医療用着圧ソックスは独断が危険

医療用の着圧ソックスは高着圧なので、独断で買ってしまうのは危険です。医師に処方してもらうことがおすすめです。

静脈瘤の状態や血管の様子を見て、医療用着圧ソックスの長さや種類を決めてくれます。痛みや不快感を伴う静脈瘤の場合は医師に相談して着圧ソックスを買いましょう。

着圧ソックス【医療用と市販】どちらがおすすめ?

医療用の着圧ソックスと市販の着圧ソックス、おすすめな人をそれぞれ分けて記載しました。

医療用の弾性ソックスがおすすめの人

  • 静脈瘤が悪化している
  • 本気で治療に取り組みたい

医療用の着圧ソックス(弾性ソックス)は、静脈瘤による痛みやだるさが深刻な人がおすすめです。本気で静脈瘤の治療に取り組もうと思う人には医療用の弾性ソックスが適していますが、自己判断で買わず、必ず医師に相談して着圧力の強さや長さを決めましょう。

市販の着圧ソックスがおすすめの人

  • 足のむくみがツライ
  • 足痩せしたい
  • 立ち仕事

市販の着圧ソックスがおすすめの人は、足のむくみの改善や予防、足痩せ効果を重視している人です。

足に静脈瘤などのトラブルがなく、安い値段で着圧ソックスをはじめたい人にもピッタリですね。効果重視なら骨盤・太もも痩せまでカバーする、レギンスタイプのスラリンウォーマーがおすすめです。

医療用弾性ソックス【通販ランキング】

値段、送料、特徴をまとめる。医療機器製造販売届出番号があれば記載する

1位ベノサン(ひざ上):https://item.rakuten.co.jp/stocking-factory/10000030/

2位ベノサン(ひざ下):https://item.rakuten.co.jp/stocking-factory/10000011/

3位ギロファ:https://item.rakuten.co.jp/aimere/g0110004/

着圧ソックス【医療用と市販の違い】おわりに

エクスレッグスリマーの履いてみた写真
医療用・市販の着圧ソックスではいろいろな違いがあり、それぞれにメリット・デメリットもあることが分かりました。

足に静脈瘤による深刻な痛みやだるさ、重みがある場合は病院で医療用の弾性ソックスを処方してもらいましょう。自己判断でサプリやマッサージをしていても身体に逆効果な場合もあります。

静脈瘤がなく、市販の着圧ソックスを購入する時は、好きな長さや着圧力で選んでみてください。

こちらの着圧ソックス効果ランキングも参考になると思います。

着圧ソックスのおすすめの画像
着圧ソックスのおすすめ【比較ランキング】2018年最新版

着圧ソックスのおすすめをランキングにしました。2018年の最新版です。実際に履いた女子の口コミ・値段・効果で比較!

続きを見る

女子必見!

パエンナスリムの効果の画像 1

パエンナスリムの口コミから分かった効果をまとめました。 有名モデルがインスタで掲載してから人気が爆発したパエンナスリム。実際に履いた人はどれくらい痩せたのか、効果と口コミを調べました。 満足度98.3 ...

マジカルスレンダーの公式画像 2

マジカルスレンダーの口コミ・効果を公開します! 普段の生活にマジカルスレンダーを履くだけで、憧れのほっそり足が目指せる?マジカルスレンダーは本当に効果があるのか口コミをもとに検証します。驚きの入浴法も ...

スラリンウォーマーの効果の足の写真 3

スラリンウォーマーの口コミをチェックし、販売店の値段を比較しました。 人気NO1加圧レギンス! 今だけ52%オフ 46秒に1枚売れている! \タップ!今だけ最大52%オフ/ スラリンウォーマーを割引で ...

-医療用の着圧ソックス
-, ,

Copyright© 【着圧ソックスのトリセツ】女子のむくみに効く靴下おすすめ人気ランキング , 2018 All Rights Reserved.