お悩み別の着圧ソックス

着圧ソックスは飛行機で履くと危険?372名の検証例から分かった真実とは

更新日:

着圧ソックスは飛行機で履くと危険な場合も。

メディキュットなどの着圧ソックスは飛行機でどんな危険があるのか、372名の検証例から分かった真実を発表します!

≫飛行機の着圧ソックスおすすめを見る

日本旅行医学会は飛行機内での着圧ソックスをおすすめ

着圧ソックスを飛行機で履く女性の写真

日本旅行医学会の実験で、372名を2つのグループに分けて、7~8時間のフライト中に、足首に14~17mmHgの圧がかかるひざ下までのDr.Scholl社製のフライトソックスを履かせたところ、フライトソックスを着用したグループに血栓症を発症した人はひとりもいなかった事が発表されています。

ふくらはぎに圧をかけることで血流の速度が増加して血栓予防になると、着圧ソックスを着用する事を推奨しています。

飛行機で着圧ソックスは危険ではありません。フライトソックスとしてメディキュットなどの着圧ソックスを履きましょう

飛行機で着圧ソックスを履く危険は?血栓症になるリスク

自分の足に合った着圧ソックスを使用していれば、飛行機で履くことのデメリットはありません。日本旅行医学会でも推奨しているように、飛行機に乗る際には着圧ソックスを使用しましょう。

着圧ソックスの圧力はどのくらいがいいの?

圧力は、”hPa(ヘクトパスカル)””mmHgミリエイチジー)”と書かれていて、数字が高くなる程締め付ける圧力も大きくなります。

一般的に、足首で20~30hPa、ふくらはぎで10~20hPa程度のものでも充分な効果が期待できると言われています。

飛行機に乗る数日前から履いておくのがおすすめ

長時間のフライトに着圧ソックスを使用する場合には、何日か前から使用しておくことをおすすめします。

着圧ソックスの圧力は強いものから弱いものまで色々あり、日本旅行医学会でも、ふくらはぎに圧力がかかれば効果はほぼ同じとされています。

しかし、いきなり買ったばかりの新品を履くと、慣れていない事でかえって疲れの原因となってしまいます。何日か前から使用して、足に馴染ませるなどして慣れておく事をおすすめします。

また、何日か使用しておくことによって、足もむくみのない良い状態で飛行機に乗ることができるので安心です。

着圧ソックスの飛行機で履くおすすめ商品

飛行機内の座席間隔が狭いと足も浮腫みやすくなります。おすすめは着圧力が強すぎないものです。狭い機内では着圧力が強いとうっ血する危険もあります。

市販の着圧ソックス

圧力は、一般に足首20~30hPa(ヘクトパスカル)ふくらはぎが10~20hPa、太ももは5~15hPaのものが多いです。

市販の着圧ソックスは医療用と比べ安く買うことができます。医療用より圧力は弱めですが充分な効果が期待できます。

おすすめの着圧ソックスは以下の記事でランキングにしています。

着圧ソックスのおすすめの画像
着圧ソックスのおすすめ【比較ランキング】2017年最新版

着圧ソックスのおすすめをランキングにしました。2017年の最新版です。実際に履いた女子の口コミ・値段・効果で比較!

続きを見る

飛行機では就寝時タイプがおすすめ♪

飛行機の着圧ソックスを開いた写真
着圧ソックスや、弾性ソックス、医療用、美容用と様々な種類がありますが、ふくらはぎに圧をかける商品であれば効果はほぼ同じとされています。

狭い車中泊の場合には太ももまでのタイプはうっ血の原因になり危険です。6時間以内のフライトなら本格的に寝ることもないので、好きな長さでも大丈夫そうですね。

オヤスリムプラチナイトなどの就寝時用がおすすめです。

医療用の着圧ソックスの圧力

医療用では、足首30~40 hPaと、全般的に市販のものより高圧になっています。

専門の医療機関の監修、製造なので、足のむくみや血栓症に着目して開発されています。
病院で処方してもらったり、通販で購入する事も可能です。
着圧ソックスの医療用と市販にはこんな違いが!それぞれの詳細はコチラ♪で詳しく解説していますが、値段は2万以上することも。。

静脈瘤が悪化している人は医療用がおすすめですが、そうでなければ普通の着圧ソックスでも十分です。

ロングフライト血栓症を予防する7つの基本

  1. 2~3時間ごとに歩く
  2. 座席に座ったままで、カカトやつま先の上下運動と腹式呼吸を1時間ごとに3~5分行う
  3. 水分を摂る

ミネラルウォーターか、薄いお茶が望ましい。ビールやワインは、その利尿作用のため脱水を起こすので控えめにする。
引用元日本旅行医学会

また、ゆったりした服装もおすすめです。

男性は、機内ではズボンのベルトを10cmほど弛める。女性は、きつい下着を避け、ゆったりした衣類を着用する。などもホームページに書かれています。

  1. 血行を悪くするので、足は組まない
  2. 不自然な姿勢でねてしまうため、睡眠薬は使用しない
  3. 女性や高齢者は、通路側(アイルサイド)に座る

飛行機でエコノミークラス症候群になる危険性

テレビや新聞などで取り上げられ、震災で被災された方々が車中泊でエコノミークラス症候群になったという報道から、この病気の名前を聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。

飛行機のエコノミークラスでは、長時間狭い椅子に座ったままの状態を強いられる事から、エコノミークラス症候群という名前がつき、1980年~1990年ごろから有名になりました。

エコノミークラスだけではない

この病気はエコノミークラスだけでなく、ビジネスクラス以上の乗客や、車の長距離運転などにも発症することが知られてきています。

ロングフライト血栓症と提言

一般財団法人・日本旅行医学会では、エコノミークラス席が危険で、ビジネス・ファーストクラス席は安全であるかのような誤解を与える事や、ファーストクラスよりも幅広く、もっと平らな病院のベッドでも“長時間動かないこと”によっても多発することから、2002年6月26日定例理事会にて検討され、“ロングフライト血栓症”と提言するようになりました。

エコノミークラス症候群は着圧ソックスで防ぐ

この、ロングフライト血栓症(エコノミークラス症候群)は、長時間いすに座ったままの状態でいると、足の血液の流れが悪くなり、静脈の中に血の塊ができることがあります。

この血の塊は、歩くこと事で足の血管から離れ、血液の流れにのって肺に到着し、肺の動脈を閉塞してしまう病気です。

少しの注意で防ぐことができるので、是非実践してみてくださいね♡長時間のフライトを予定されている方は、上記の事も気を付けながら、着圧ソックスの使用をおすすめします。

ご自分に合った着圧ソックスを見つけ、ゆったりとしたフライトにしてくださいね(*^^*)

ココきゅっとのホームページの商品写真
ココきゅっとの口コミと効果【悪評も暴露!最安値は?】

ココきゅっとの口コミや効果を徹底検証しました! 美脚だけでなく美尻効果もあると評判の着圧ソックス「ココきゅっと」。顧客満足度98%という驚異的な数字をたたき出している人気商品ですが、本当のところはどう ...

続きを見る

女子必見!

オヤスリムプラチナイトの口コミの写真 1

オヤスリムプラチナイトの口コミで「効果ない」「痩せない」といった悪い部分を発見したので、20名にアンケートを取り真実を調べてみました! 実際はかなり効果が出やすいようで、オヤスリムプラチナイトは201 ...

エクスレッグスリマーの効果の写真 2

エクスレッグスリマーの効果の出方は履き方次第! このところSNSでよく目にするエクスレッグスリマー。多くの人が効果があらわれたという口コミを寄せていますが、実は履き方で効果の出方が変わるのをご存知です ...

-お悩み別の着圧ソックス
-,

Copyright© 【着圧ソックスのトリセツ】女子のむくみに効く靴下おすすめ人気ランキング , 2017 AllRights Reserved.